ソニーのスマートウォッチ「wena wrist」、クラウドファンディングの支援枠拡大

By on 2015-09-11

wena

電子マネー機能を備えたスマートウォッチ「wena wrist(ウェナ リスト)」のクラウドファンディングにおいて、ソニーは支援枠の拡大を行っている。

wena wristはアナログ文字盤の腕時計で、Bluetoothを介してスマートフォンの専用アプリと連携。時計のベルト部分に「通知」「活動量計測」「電子マネー」の3つの機能を搭載し、その中でも電子マネー機能では、FeliCa部分を専用リーダーにかざすだけで支払いを行える。本体は通常タイプとクロノグラフタイプの2種類が用意され、それぞれシルバーとブラックの2色から選択可能。

同製品のクラウドファンディングが開始されたのは8月31日。同日中に目標金額を達成し、9月1日には支援枠の拡大がアナウンスされた。2日および4日には、売り切れていた各モデルの支援枠を追加し、今後も用意した分がなくなり次第追加を検討するという。

また、9月15〜18日にはwena wristの“Touch & Try”イベントを開催し、日本では初となる開発者によるデモンストレーションを実施する。場所はソニー本社の「Sony’s Creative Lounge」で、時間は17時半〜20時まで。

■wena wrist | First Flight
https://first-flight.sony.com/pj/5/wena%20wrist

■関連記事
電子マネー機能を利用できるスマートウォッチ「wena wrist」(2015/08/31)