アプリックス、ビーコン内蔵のコーヒーメーカーを展示 – CEATEC JAPAN 2015

By on 2015-10-07

アプリックスIPホールディングスは、10月7〜10日まで開催されているIT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2015」にて、同社の「お知らせビーコン」を内蔵したコーヒーメーカーを展示している。

お知らせビーコンは、組み込み機器用に開発したBluetoothモジュール。内蔵した家電製品はBluethoothを通じてスマートフォンと連携できるようになる。

お知らせビーコン内蔵のコーヒーメーカーでは、スマートフォンの専用アプリと連携してユーザーに生活情報を提供する。スイッチをオンにすると、コーヒーが淹れ終わり次第、スマートフォンに「コーヒーが入りました」とプッシュ通知。ユーザーは通知バーをタップすることで、「天気」「占い」「旅行」「グルメ」といった情報コンテンツを閲覧できる。情報コンテンツの提供は、リクルートホールディングスが行う。

現在はモニターによる実証実験の段階で、各モニターの性別や年齢、趣味に応じた価値ある情報の提供を目指しているという。実験の終了は11月末を予定しており、以降両社は実験データをもとに検討を進めていくとしている。

DSC_0135DSC_0137
■「AplixのIoTソリューション」x「リクルートの情報コンテンツ」によるコーヒープロジェクト実証実験を開始 ~ 大手情報サービスプロバイダーとの協力により IoT マーケットを拡大 ~ | 株式会社アプリックス
http://www.aplix.co.jp/?p=14882

■関連記事
アプリックス、緊急地震速報を明かりで知らせてくれる「お知らせビーコン」(2015/05/28)