DDS、指紋認証ウェアラブル「magatama」を展示 – 情報セキュリティ EXPO【秋】

By on 2015-10-29

DSC_0023

IoT/M2M展【秋】の同時開催展「情報セキュリティ EXPO【秋】」(10月28〜30日開催)では、DDSが指紋認証ウェアラブル端末「magatama」を展示している。

magatamaは、指紋センサーやBLE通信タグなどを備えた小型デバイス。ユーザーは自身の指紋をmagatamaで読み取ることで、対応するサービスにおいて本人確認や決済を行える。27日にDDSから発表されたばかりで、出荷開始は11月末を予定している。

同社ブースでは本体の展示のほか、magatamaを使った指紋認証を実演。magatamaで指紋を読み取ることによって、メーラーや知育アプリを起動したり、ドアの鍵を開ける様子を確認できた。magatamaの今後の展開として、「まずはスマートフォンアプリのロック解除といった比較的実現性の高いサービスからはじめ、ゆくゆくはパートナー企業と連携しながらmagatamaによる決済も実現したい」と担当者は話していた。

DSC_0016 DSC_0018

DSC_0021 DSC_0024

■ディー・ディー・エス | 指紋・FIDOでパスワードレス本人認証
http://www.dds.co.jp/

■関連記事
DDS、ウェアラブル指紋認証デバイス「magatama」を発表(2015/10/27)