雨や雲をリアルに作り出す天気予報デバイス「tempescope」

By on 2015-10-01

image

箱の中で天気をリアルに再現するデバイス「tempescope」が、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」に登場した。日本人エンジニアの河本氏がリーダーを務めるチームが開発し、9月30日より出資を募っている。

tempescopeは、もやを発生させる装置や水滴を垂らす装置、内部を照らすライトを備えた透明な箱。アプリ連携したスマートフォンから最新の天気予報を取得し、雨、くもり、雷、晴れといった空模様を美しく再現する。また、任意の天気を選んで再現できる設定も用意。晴れている日にあえて雨を降らせて部屋の雰囲気を落ち着いた感じにしたり、雷を再現させて少し変わったインテリアとして活用することもできそう。

10月1日現在、199ドルから予約可能。目標金額の35%が集まっており、残り日数は39日となっている。

■tempescope, a box of rain in your living room | Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/tempescope-a-box-of-rain-in-your-living-room