インテル製の超小型モジュールを搭載した開発ボード「Arduino 101」が発表

By on 2015-10-23

Arduino101

インテルとArduinoは16日(現地時間)、インテルが製造した超小型モジュール「Curie」搭載の開発ボード「Arduino 101」を発表した。2016年1四半期の発売を予定しており、希望小売価格は30ドル(税別)。米国以外では「Genuino 101」という名称で販売する。

Arduino 101は、ボタンサイズのインテル製モジュール「Curie」を搭載した開発ボード。加速度計、ジャイロスコープ、Bluetooth機能などを備える同モジュールの性能を活用することで、インターネットに接続可能なIoTデバイスを手軽に開発できる。

なお、同製品はArduinoが開発した、プログラミングや電子工学などの基礎を小・中学生向けに紹介するカリキュラム「Creative Technologies in the Classroom」(CTC)にも採用される予定。カリキュラムを通じて次世代の技術プロフェッショナル、起業家、イノベーターを育成するという。

■インテル Curie モジュール:新たなウェアラブル・デバイス・イノベーション
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/wearables/wearable-soc.html

■Arduino Blog » Blog Archive » Intel and Banzi just presented Arduino 101 and Genuino 101
https://blog.arduino.cc/2015/10/16/intel-and-banzi-just-presented-arduino-101-and-genuino-101/