JALと日立、ウェアラブルセンサーと人工知能を活用した実証実験を開始

By on 2015-10-06

日本航空(JAL)と日立製作所は5日、日立グループが提供するウェアラブルセンサーと人工知能を活用し、JALの従業員満足度の向上を目指す共同実証実験を開始した。実験期間は約3カ月間。

同実験では、日立グループが開発した「名札型ウェアラブルセンサー」をJALの間接部門で働く従業員約80名に装着してもらう。従業員それぞれの動きを計測して“組織活性度”を算出し、性別や年齢、担当業務といった従業員情報、ワークスタイル変革施策の実施状況などのデータと合わせ、仮説の設定や検証を自動化できる日立の人工知能で分析を行う。組織活性度に影響する要素とその影響度を割り出すことで、JALグループにおけるワークスタイル変革施策の成果に関する分析や新たな施策の検討に役立てていくという。

名札型ウェアラブルセンサー

名札型ウェアラブルセンサー

qXp19maWcz

実証実験におけるシステム構成の概要

■2015年10月05日 JALと日立がIoTと人工知能を活用して従業員満足度の向上をめざす共同実証実験を開始
http://press.jal.co.jp/ja/release/201510/003520.html