家庭用ロボットに求めるのは「癒し」、所有者と所有希望者が回答 – ジャストシステム調査

By on 2015-10-30

ジャストシステムは28日、同社が20~59歳の既婚男女557名を対象に実施した「ソーシャルロボット意識調査」の結果を公表した。

調査結果よると、PepperやRobiといった家庭用ソーシャルロボットを「自身や家族が所有している」人は5.4%、「自身や家族が、いずれ欲しいと思っている」人は13.8%だった。所有者が導入した理由は、「自宅で過ごす時間を充実させるため」が43.3%と最も多く、次いで「癒やされたいから」「病気の進行をとめたり、遅らせたりするため」がともに33.3%と続いた。いずれ欲しい人の理由としては、「最新技術に興味があるから」が46.8%と最も多い一方で、次に多かった「癒やされたいから」が45.5%、3番目に多かった「自宅で過ごす時間をもっと充実させたいから」が28.6%。所有者、所有希望者ともにソーシャルロボットに「癒し」や「家庭生活の充実」を求める人が多いと同社は分析している。

そのほか調査結果では、ソーシャルロボットに欲しい機能として「テレビ電話」、ソーシャルロボットが担当してもいい業務として「宿泊施設の荷物運び」や「チケット販売」を考えている人が多いことがわかった。

d7597-130-642796-1

■ソーシャルロボット意識調査 | セルフ型ネットリサーチならFastask
https://www.fast-ask.com/report/report-socialrobot-20151028.html