LINEとインテルがIoT分野で連携、開発者向けの情報支援も

By on 2015-10-02

LINEとインテルは2日、IoTソリューションの導入促進を目的とした連携に合意したことを発表した。同時にソフトウェア開発者向けの情報支援も行う。

IoTソリューションの分野では、デジタルサイネージやホームオートメーションといった製品・サービスを共同開発。LINEが展開する企業向けAPIソリューション「LINE ビジネスコネクト」を通して企業に提供していく。

この取組みの第1弾として、インテルプロセッサーを搭載したデジタルサイネージ自動販売機がキリンビバレッジバリューベンダーから発表された。同自販機ではLINE ビジネスコネクトとの連携によって、ユーザーがLINEアプリと自販機搭載カメラを使った自撮りを楽しめるようになっている。

一方、ソフトウェア開発者向けの情報支援については、インドとインドネシアにてインテルがLINE公式アカウントを開設。同アカウントを通じ、IoTやゲーム開発などに関する最新情報やリソースを共有していくという。

■【LINE】LINEとインテルが技術革新で連携 | LINE Corporation | ニュース
http://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2015/1088

■関連記事
キリン、LINEを使った自撮り機能付き自販機を発表(2015/10/02)