ニオイをセンサーで分析するシステムの標準化団体「MSSアライアンス」が発足

By on 2015-10-01

物質・材料研究機構(NIMS)、京セラ、大阪大学、NEC、住友精化、NanoWorld AGの6機関は9月25日、ニオイをセンサーで分析するシステムの標準規格化を目指す「MSSアライアンス」を発足した。

MSSアライアンスは、NIMSが開発した超小型・超高感度センサー素子「MSS」を用いたニオイ分析センサーシステムの標準規格化を目指す新たな組織。MSSとは感応膜を備えたセンサーで、ガス分子を吸着した際の電気的な反応からニオイを検知・識別できる。従来のカンチレバー型センサーと比較して約100倍の感度を有するほか、大気もしくは液体の中での使用にも対応。同アライアンスではMSS技術の迅速な普及を実現するため、最先端技術を有する企業と大学が分担して研究・開発を進めていく。

今後はNIMSを中心とした6機関以外にも、さまざまな企業・研究機関が同アライアンスに参画し、MSS技術を使った用途開発に取り組める体制を目指す。

hdfqf1000006vl8w

■嗅覚センサーの業界標準を目指す「MSSアライアンス」発足 | NIMS
http://www.nims.go.jp/news/press/2015/09/201509290.html
■嗅覚センサーの業界標準を目指す「MSSアライアンス」発足 | ニュースリリース | 京セラ
http://www.kyocera.co.jp/news/2015/0905_isgo.html