ウェアラブルトランシーバー「BONX」、国内最速ペースでクラウドファンディング展開中

By on 2015-10-21

d15895-1-923045-0

ワンモアは21日、同社が運営するクラウドファンディングサイト「GREENFUNDING by T-SITE」にて行われている「BONX」の開発プロジェクトについて、支援額が780万円、支援者が480人を突破したことを発表した。

BONXは、チケイが開発したスマホ連動型の耳掛け式トランシーバー。スマートフォンの通信回線を使って10台までBONXを接続でき、グループ間の同時通話を実現する。騒音や風切り音の対策が施されていたり、耐衝撃・防水性能を備えるなど、アウトドアスポーツでの利用に適しているのが特徴。12月の日米同時発売を予定している。

BONXのクラウドファンディングでは、10月15日の開始からわずか5日間で支援総額750万円を突破。IoTハードウェアの国内クラウドファンディングでは最速ペースだという。12月1日までは引き続き支援を募集し、最終ゴールとして支援総額2000万円を目指すとしている。

d16016-1-896794-7

■ウェアラブルトランシーバー「BONX」がクラウドファンディング開始から5日で支援総額750万円を突破!!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000016016.html

■関連記事
スキーやスノボーで活躍するウェアラブルトランシーバー「BONX」が登場(2015/10/15)