パイオニアの自動運転技術、東京モーターショーに出展

By on 2015-10-15

パイオニアは15日、10月30日~11月8日に東京ビッグサイトにて開催される「東京モーターショー 2015」の出展概要を発表した。

西4ホールのスマートモビリティシティに出展する同社ブースでは、自動運転やコネクテッドカーの分野で開発を進めている様々な先進技術を紹介するという。コネクテッドカーをシミュレーターで模擬運転できる「In-Vehicle Context Awareness(インビークル・コンテキスト・アウェアネス)」を設置するほか、自動運転を実現するための走行空間センサー「3D-LiDAR」や、AR情報をフロントガラスの前方に映し出す「AR HUD ユニット」も展示。メインステージでは「パイオニアが切り開く“新たな自動運転の世界”の提案」としてプレゼンテーションを実施する。

同社はスマートモビリティシティに加え、西3ホールのレギュラーゾーンにもブースを出展。こちらではサイバーナビや楽ナビなど、発売中の車載機器を展示するとしている。

■パイオニア 「東京モーターショー 2015」に出展 | 報道資料 | ニュース・イベント・ショールーム | パイオニア株式会社
http://pioneer.jp/corp/news/press/index/1956