クアルコム、レースカーの走行データをWi-Fi経由で伝送成功

By on 2015-10-27

profile_banner

クアルコムとメルセデス AMG ペトロナス F1チームは、米国時間10月23〜25日に開催された「FIAフォーミュラ・ワン世界選手権アメリカGP」の練習走行セッションにおいて、レースカーの走行データをWi-Fi経由で伝送することに成功したと発表した。

クアルコムと同F1チームは、5GHz周波数帯のWi-Fiを利用することで、タイヤカメラの映像をはじめとする走行データをワイヤレス伝送。これまでデータの取得にはケーブル接続が必要だったため、大きな進歩だといえる。

今回のデータ伝送は、2015年3月にクアルコムと同F1チームが発表したコネクティッドカーのテクノロジー開発における最初のプロジェクトとなり、同社では今後もプロジェクトを継続し、伝送の速度と効率を向上させていくという。

■Qualcomm and the MERCEDES AMG PETRONAS Formula One Team Collaborate on Racecar Data Sharing Over 5 GHz Wi-Fi for Improved Speed, Efficiency and Safety | Qualcomm
https://www.qualcomm.com/news/releases/2015/10/23/qualcomm-and-mercedes-amg-petronas-formula-one-team-collaborate-racecar