シャープ、ロボット電話「RoBoHoN」を使った通話や撮影を実演 – CEATEC JAPAN 2015

By on 2015-10-07

DSC_0126

シャープは、10月7〜10日まで開催されている「CEATEC JAPAN 2015」にて、モバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」のデモを実施している。

RoBoHoNは携帯機能をもつ二足歩行ロボットで、10月6日に同社より発表された。高さ19.5cmという小型のボディーに液晶タッチパネルを備えており、3G/LTE通信を利用した音声通話やメールの送受信が可能。また、おでこの部分にカメラを備えるほか、プロジェクター機能も搭載しているため、撮影した写真や動画を壁などに投影できる。

同社ブースではRoBoHoNを使った通話や撮影のデモに加え、RoBoHoN自体が踊りを披露するなど、その多機能ぶりが紹介されていた。発売時期は未定だが、事前アンケートに答えると購入時に専用キャリングケースがもらえる「ロボホン欲しいかも宣言」を受け付けている。

DSC_0121 DSC_0113

■ココロ、動く電話。RoBoHoN(ロボホン)公式サイト/シャープ
https://robohon.com/special/

■関連記事
シャープ、携帯電話にもなる人型ロボット「RoBoHoN」を発表(2015/10/06)