シャープ、携帯電話にもなる人型ロボット「RoBoHoN」を発表

By on 2015-10-06

シャープは6日、携帯電話としての機能をもつ二足歩行コミュニケーションロボ「RoBoHoN(ロボホン)」を開発したことを発表した。発売は2016年前半を予定。

RoBoHoNは、シャープとロボットクリエイター・高橋智隆氏が共同開発した“モバイル型ロボット電話”。高さ19.5cmという小型のボディーに液晶タッチパネルを備えており、3G/LTE通信を利用して音声通話やメールの送受信を行える。また、内蔵カメラを使った撮影機能を備えるほか、プロジェクターも搭載しているため、撮影した写真や動画を壁などに投影可能。

もちろんコミュニケーションロボとして一緒に遊ぶこともでき、ダンスやゲームでその場を盛り上げてくれる。ユーザーの声や顔を認識可能で、各機能は音声対話によって操作できるという。

なお、10月7日〜10日に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2015」の同社ブースでは、RoBoHoNの展示も予定されている。

151006-c

thumb1thumb2 thumb7thumb3

■モバイル型ロボット電話“RoBoHoN(ロボホン)”を開発|ニュースリリース:シャープ
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/151006-c.html