Pepperと話して気軽に買い物、ソフトバンクが2016年開始

By on 2015-10-08

ソフトバンクは、対話型ロボット「Pepper」を通じてネットショッピングできるサービスを2016年3月から開始する。既存のPepper利用者、および今後Pepperを購入するユーザーに提供される予定。

同社は8日、ログイン操作なしにYahoo!のコンテンツを利用できるなど、より気軽なオンラインショッピングを実現する「モバイルeコマース革命」を発表。その施策の1つとして実施される。Pepperに欲しいものを伝えると、商品を検索して提示し、関連するアイテムをおすすめしたり、商品自体の大きさを手で指し示す。その後、実際に商品を発注することが可能。

また、注文することでPepperの「お手伝いポイント」が貯まり、そのポイントをPepperが自身の判断で使って商品を購入し、ユーザーにプレゼントする、といった仕掛けも検討している。

0102

■「2015 Winter – 2016 Spring Collection」公開!ソフトバンク新商品ラインナップを紹介! | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/info/personal/news/product/20151008b/