3カ国語を話す東芝製アンドロイド「地平ジュンこ」、アクアシティお台場で公開

By on 2015-10-20

20paj100_01

東芝、三菱地所リテールマネジメント、東京都港湾局は19日、東芝製アンドロイド「地平(ちひら)ジュンこ」をアクアシティお台場にて公開することを発表した。期間は10月23日〜11月6日を予定。

地平ジュンこは、2014年に東芝が開発した「地平アイこ」の2号機にあたる身長165cmの女性型アンドロイド。地平アイこの会話機能を強化し、日本語、英語、中国語の3カ国語を話せる。今回の公開展示では、3カ国語を使った自己紹介のほか、アクアシティお台場やお台場周辺の店舗案内、イベント情報などを教えてくれるという。

12月には観光案内所での本格デビューを予定。2017年度中には、観光客が話しかけた質問に3カ国語で回答できるように進化し、2020年の東京オリンピックに向けて増加が見込まれる外国人観光客に対応するとしている。

■東芝:ニュース&トピックス (2015-10-19):3か国語を話す最新型アンドロイド「地平ジュンこ」を開発
https://www.toshiba.co.jp/about/press/2015_10/tp_j1901.htm