トヨタが自動運転実験車「Highway Teammate」を公開、2020年頃の実用化へ

By on 2015-10-06

20151006_02_17

トヨタは6日、実験用の自動運転車「Highway Teammate(ハイウェイ チームメイト)」のデモ走行を、首都高速道路において実施したことを発表した。

Highway Teammateは、Lexus GSをベースに改造した自動運転実験車。車載システムが交通状況に応じて適切に認知・判断・操作することにより、道路における合流、レーンチェンジ、車線・車間維持、分流などを自動運転で実現できるとしている。実用化は2020年頃を予定。

今回トヨタは首都高速道路においてHighway Teammateの自動運転走行を実施、その様子を動画で公開している。

また、トヨタはこれまで取り組んできた自動運転の考え方を「Mobility Teammate Concept(モビリティ チームメイト コンセプト)」と命名し、今後広く使用していくとした。Mobility Teammate Conceptとは、「人とクルマが同じ目的で、ある時は見守り、ある時は助け合う、気持ちが通った仲間のような関係を築く」という考え方。Highway Teammateは、同コンセプトを具現化する第1弾になるという。

■トヨタ自動車、2020年頃の実用化をめざした自動運転実験車を公開 | TOYOTA Global Newsroom
http://newsroom.toyota.co.jp/en/detail/9751814