IoTを理解できているユーザーは11.1%という結果に – VSN調査

By on 2015-10-01

人材サービスのVSNは1日、全国の10〜50代の男女を対象に実施した「IoT(Internet of Things)に関する意識調査」の結果を明らかにした。

同調査では、2015年9月11〜14日にインターネットにてアンケートを実施し、計1177名から回答を得た。その結果、「IoTが何かを理解できていますか」という質問に対し、「理解している」と答えたのが全体の11.1%、「全く理解できていない」は67.3%だった。また、IoTを理解しているユーザーを対象に「IoTから想起されるイメージ」を聞いたところ、「スマートホーム」という答えが32.7%で最も多く、次いで「スマート家電」「スマートロック」が続いた。さらに、「すでに活用しているIoT」について聞くと、「スマートロック」という回答が1番多かった。

自由回答形式で質問した「今後IoTに期待すること」に関しては、「堅牢なセキュリティ環境」や「わかりやすい操作性」といった意見が挙がった。なかには、「スマホで操作するシーンが多そうだが、肝心なスマホが壊れた・紛失した際、どうにもならなくなるので過度に頼ってはいけない気がする」のような回答もあったという。

d10295-12-361793-1 d10295-12-489923-2 d10295-12-745562-3

■IoT(Internet of Things)に関する意識調査 | 調査リリース | ニュース | エンジニアの募集・仕事内容 | 株式会社VSN
http://www.vsn.co.jp/news/20151001.html