運転スキルを点数化するIoTサービス「DriveOn」、Makuakeに登場

By on 2015-11-02

自動車の運転スキルを点数化するIoTサービス「DriveOn」が、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて専用デバイス「SmartDrive」の先行予約を受け付けている。

DriveOnは、ドライバーの運転スキルをiPhoneの専用アプリで点数化し、優良な運転だったかどうかを診断してくれるIoTサービス。SmartDriveは自動車の自己故障診断用に備えられたOBD-IIポートに装着して使うBluetooth通信デバイスとなり、走行中の急加速や急ブレーキ、エンジンの異常といったさまざまな情報を取得して専用アプリに送信。アプリ上では受信した情報をアイコンなどで可視化するほか、同社独自の診断アルゴリズムに基づいて運転の記録を点数化してくれる。

現在は急ブレーキ・急加速・アイドリングの判定がおもな減点対象になり、運転終了後に減点判定がなかった場合は独自のポイントが付与される。なお、ポイントの用途は現在設計中。デバイス対応車種は同社のWebサイト上で確認できる。今後は正確でリアルタイムな渋滞/事故予測・回避に関するサービスなどの開発以外にも、保険や給油、修理・メンテナンスといったあらゆるサービスをアプリ上で横断的に行えるようなことを目指すという。

2日現在、SmartDriveは7800円(税込)から予約可能。残り日数は29日。製品の出荷は2015年12月を予定している。

detail_1279_1441859867
detail_1279_1442388941

■あなたの運転特性をスマホで簡単診断!車のIoTサービス「DriveOn」 | クラウドファンディング – Makuake(マクアケ)
https://www.makuake.com/project/smartdrive/

■DriveOn : Compatibility Check
https://www.smartdrive.co.jp/compatibility