テクノロジーの進展に伴う脅威をまとめた1冊、「サイバーセキュリティ2020 脅威の近未来予測」

By on 2015-11-10

インプレスR&Dは5日、「サイバーセキュリティ2020 脅威の近未来予測」(特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)未来予測プロジェクト著)を発刊した。

同書では、2020年に実現する社会とそれに伴って予測される脅威を大きく3部に分けて解説している。第1部では、情報通信技術が進展した2020年の生活を家庭、学校、ビジネス、レジャーなどのシーン別に架空の物語として紹介。第2部では、著者である未来予測プロジェクトのメンバーを中心とした専門家が、IoT、ロボット、次世代インタフェースなど、個別のテーマを掘り下げて解説。第3部では、プライバシー問題に取り組む3人の識者にインタビューし、今後の展開について聞いている。

セキュリティ事業者や一般企業の担当者のほか、安全なICT社会を迎えたいと考えるすべての人が活用できる1冊である。

■テクノロジーの進展に伴う新たな脅威に立ち向かえ! 『サイバーセキュリティ2020 脅威の近未来予測』発刊 NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA) | インプレス R&D
http://www.impressrd.jp/news/151105/NP