伊丹市が見守りカメラ1000台設置へ、阪急阪神HDと協働

By on 2015-11-11

d5179-560-802363-1

兵庫県伊丹市と阪急阪神ホールディングスは9日、1000台規模の防犯カメラを用いたインフラ整備「伊丹市安全・安心見守りネットワーク事業」を協働して実施するにあたり、協定を締結したことを発表した。

伊丹市安全・安心見守りネットワーク事業は、市内各所にビーコン受信機内蔵の防犯カメラ「安全・安心見守りカメラ」を1000台設置することで、子どもや認知症高齢者の居場所を保護者がリアルタイムで把握できるサービス。小型のビーコン発信機を携帯した子どもや高齢者などの見守り対象者が安全・安心見守りカメラに近づくと、保護者のもつスマートフォンの専用アプリに見守り対象者の位置情報が通知される仕組みとなっている。また、見守り対象者が行方不明で捜索が必要になった場合は、見守り対象者の写真や位置情報をアプリ内で共有することによって、地域のボランティア市民が捜索に協力できるという。

今後、伊丹市は安全・安心見守りカメラの整備や、ボランティア市民の募集を進める。一方、阪急阪神ホールディングスは、グループ企業の阪神電気鉄道が展開する児童向け見守りサービス「登下校ミマモルメ」のシステムを活用し、専用アプリの開発、事業運営を担当。試験運用の開始は2016年3月を予定している。

■伊丹市 と 阪急阪神ホールディングスによる協働事業 「伊丹市安全・安心見守りネットワーク事業」に関する協定締結について 1,000台規模の防犯カメラを用いたインフラ整備は「日本初」
http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/3773.pdf

■関連記事
兵庫県伊丹市の見守りプロジェクト始動、攻殻機動隊とコラボ(2015/10/16)