腕を仮想キーボード化、NECがウェアラブルグラス用の新UI「ARmKeypad」を開発

By on 2015-11-05

日本電気(NEC)は5日、ウェアラブルグラス用の新しいユーザインタフェース(UI)として、腕を仮想キーボード化する「ARmKeypad(アームキーパッド)」を開発したことを発表した。

ARmKeypadは、設備保全や検品といった業務のハンズフリー化を実現するウェアラブルグラス用UI。ウェアラブルグラスとウェアラブルウォッチを連携させる新しい認識技術により、ウェアラブルウォッチを装着した腕に仮想キーボードを投影。あたかも、腕にキーボードを付けている感覚で高速・高精度なタッチ入力が可能だという。

同社は今後、ARmKeypadを活用したAR(拡張現実)設備点検ソリューション、保守帳票管理ソリューションを開発し、製造のほか、警備、流通、医療といった業種・業務の効率化に貢献するとしている。

システム構成イメージと活用シーン

システム構成イメージと活用シーン

■NEC、腕を仮想キーボード化するユーザインタフェースを開発 (2015年11月05日):プレスリリース | NEC
http://jpn.nec.com/press/201511/20151105_04.html