ユーザーそっくりの戦国武将を教えてくれるサムライロボ「AI-Samurai」、Nextremerが開発

By on 2015-11-12

concept3_img1

人工知能の研究開発を行うNextremerは11日、人間と対話できるサムライ型ロボット「AI-Samurai」を発表した。世界各国で開催されるイベントにて活用され、来場者への会場案内や商品提案を実施するという。

AI-Samuraiは、サムライをモチーフにした高さ198cmの人型ロボット。人との対話を可能とする人工知能「A.I.Galleria」を搭載しており、個人の顔認識、英語での対話、腕や首を動かすリアクションをリアルタイムで実現する。「武将診断」という機能を備えているのが特徴で、ユーザーにいくつかの質問を出題し、回答をもとにユーザーの性格と似ている戦国武将の名前を導き出してくれる。

今後は2016年3月にアメリカで行われる「SXSW Interactive 2016」を皮切りに、世界中のイベントで活用される予定だとしている。

czMjYXJ0aWNsZSMzODgyNSMxNTE1MDYjMzg4MjVfYnpGaGJlaldybS5wbmc

■AI-Samurai
http://www.ai-samurai.com/index.html

■Nextremer | Nextremer Co., Ltd.
http://www.nextremer.com/

■マルチモーダル対話エンジン〝AI-Galleria”を搭載した人工知能対話ロボット「AI-Samurai」が、リアルな対話を求めてワールドツアーを敢行します!
https://www.value-press.com/pressrelease/151506