IoTジャケットを開発するメキシコ企業「MACHINA」、日本でクラウドファンディング開始

By on 2015-11-02

1

パルコは10月28日、同社が運営するクラウドファンディングサイト「BOOSTER(ブースター)」にて、メキシコのファッションブランド「MACHINA(マチーナ)」のアジア初上陸プロジェクトを開始したことを発表した。期間は10月28日〜12月15日まで。

MACHINAは、ウェアラブルテクノロジーとファッションを融合させた商品をプロデュースするメキシコ企業。同社が開発したジャケット「MIDI Controller Jacket」は、Wi-Fi/Bluetooth通信機能を備えているほか、両袖にはセンサーを内蔵し、身体の動きを検出できる。そのほか、暗い場所で蛍光色に光るバッグや、運転中の自転車の右左折を光で周りに通知できるリュックなども取り扱う。

今回、MACHINAの日本販売代理店「マチーナ・ハポン」が、MACHINA製品の日本国内販売を目指し資金調達を開始。日本の電波法に適合した無線通信機器を開発するため、目標金額100万円のクラウドファンディングを実施する。

支援のリターン品としては、フード部分にスピーカーを搭載したパーカー「Hoodie with Speakers」とポンチョ「Poncho with Speakers」などを用意。Hoodie with Speakersは2万9800円、Poncho with Speakersは3万2980円の支援額で提供し、2016年3月の出荷を予定している。

■クラウドファンディングBOOSTER:メキシコ発!最先端ウェアラブルテクノロジーファッションブランド アジア初上陸プロジェクト
http://www.parco.co.jp/pdf/jp/booster_machina20151028.pdf

■アジア初上陸!メキシコ発、最先端ウェアラブルテクノロジーを日本に広めたい! プロジェクト概要 | プロジェクトを探す | BOOSTER(ブースター) by PARCO(パルコ)
http://www.booster-parco.com/project/24