スマホから駐車場の空き状況を確認できるIoTソリューション「eCoPA」

By on 2015-11-02

Print

エスキュービズム・テクノロジーは2日、駐車場の空き状況をスマートフォンから確認可能にするIoTソリューション「eCoPA(エコパ)」の法人向け販売を開始した。

eCoPAでは、車両検知センサーや車番認識カメラを内蔵したポールを駐車場に設置。駐車状況を検知してクラウド上に送信することで、スマートフォンの専用アプリから駐車場の空き状況を確認できる。また、車のナンバープレート情報も読み取れるため、駐車料金の精算や無断駐車の抑止も行える。

同社は、フラップ板と精算機を設置した駐車場と比べ、導入が容易で少ない投資による駐車場運営が可能だとしており、飲食店や商業施設向けにeCoPAを提供していくという。

4コマ分割

利用イメージ

■株式会社エスキュービズム・テクノロジー|ニュースリリース/プレスリリース
http://tech.s-cubism.jp/news/detail/151102.html

■関連記事
ホテルの鍵をスマホで解錠できる「スマートホテルキー」 – IoT/M2M展【秋】(2015/10/29)