ソフトバンクとライザップが協業、ヘルスケアデバイス開発などを予定

By on 2015-11-17

ソフトバンク、健康コーポレーション、RIZAP(ライザップ)の3社は16日、ヘルスケアとICT分野における新サービスの共同開発について、協業体制を構築することで合意したことを発表した。

今回の協業によって、RIZAPの運動指導・栄養指導などのノウハウ、RIZAP親会社の健康コーポレーションによるマーケティング力、ソフトバンクのIT・通信技術を活用。人々の健康増進により貢献することを目的に、さまざまなヘルスケアサービスを提供していくという。

取り組み予定のサービスは3つ。1つ目は遠隔地においてもRIZAPのサービスを受けられるというもので、IT・通信技術とRIZAPの指導ノウハウを活用する。2016年春頃にリリース予定。

2つ目は、スマートフォンと連動した体組成計やウェアラブル活動計などのデバイスを用いたサービス。同サービスの運用後には、運用実績をもとに新たなヘルスケアデバイスの開発も目指すとしている。

3つ目は、ヘルスケア関連ビッグデータの解析・活用。社会で求められている健康問題の解消に貢献するため、RIZAPのもつヘルスケアビッグデータとソフトバンクの企業向け情報プラットフォームを活用した研究に取り組むという。

■ヘルスケアとICT領域における新サービスの共同開発の合意について | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2015/20151116_03/