トヨタがシリコンバレーに新会社、人工知能の研究開発を加速

By on 2015-11-06

20151006_02_17

トヨタ自動車(以下、トヨタ)は6日、人工知能技術の研究・開発に取り組む新会社「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE」(以下、TRI)を米国カリフォルニア州のシリコンバレーに設立することを発表した。2016年1月に設立し、設立当初5年間で約10億ドルを投入する。

TRIは、人工知能技術に関する先端研究や商品企画を事業とする新会社。最高経営責任者(CEO)にはトヨタのExecutive Technical Advisorであるギル・プラット氏が就任するほか、社員数200名規模で優秀な研究者を集めていくとしている。また、トヨタが2015年9月にマサチューセッツ工科大学およびスタンフォード大学と共同設立した人工知能研究センターとも連携を進める予定。

今後トヨタはTRIを技術イノベーションの拠点と位置づけ、人工知能に関する研究・開発を加速させるという。

■トヨタ自動車、「人工知能技術」の研究・開発強化に向け新会社を設立 | トヨタグローバルニュースルーム
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/10169760/