コミュニケーションロボット「BOCCO」、ヤフーのmyThingsと連携可能に

By on 2015-11-20

czMjYXJ0aWNsZSMyOTU5NyMxNDgyOTcjMjk1OTdfaGNEZmVNRXF2Vy5qcGc

ユカイ工学は19日、同社の開発したコミュニケーションロボット「BOCCO」がヤフーのスマートフォンアプリ「myThings」に対応したことを発表した。

BOCCOは家庭向けのコミュニケーションロボットで、ドアに取り付ける開閉センサーやスマートフォンの専用アプリと連携して利用する。玄関ドアに設置した開閉センサーが子供の帰宅を感知すると、Bluetoothを介してBOCCOに通知。BOCCOはWi-Fi経由で親が持つスマートフォンに自動で知らせるため、親は外出時でも子供の帰宅を確認できる。その後、子供はBOCCO本体、親はスマートフォンに話しかけることで、親子のコミュニケーションが可能。

一方、myThingsはヤフーが提供するiOS/Android用アプリ。対応するIoT製品やWebサービスを組み合わせることにより、便利な使い方を生み出せる。今回BOCCOがmyThingsに対応したことで、BOCCOを他のIoT製品やWebサービスと連携させた仕組みを作れるようになった。例えば、天気予報サービスと連携させた場合、雨が降りそうな時に「傘をわすれないで!」とBOCCOが教えてくれるようになるほか、活動量計と連携させ、1日の消費カロリーが高かった場合に「頑張ったね!」と励ましてくれるという。

■ユカイ工学 | YUKAI Engineering – THE ROBOT COMPANY
http://www.ux-xu.com/

■関連記事
ユカイ工学、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」 – Interop Tokyo 2015(2015/06/11)
ヤフーがIoTに本格参入、新体験を提供するスマホアプリ「myThings」を公開(2015/07/28)