外出先から来訪者対応、スマホと連携するドアホン「TATERU kit」がテスト運用開始

By on 2015-12-08

d4078-14-398032-0

アパート経営プラットフォーム「TATERU」を運営するインベスターズクラウドは7日、FORMULA社と共同開発しているスマートドアホン「TATERU kit(タテルキット)」をアパート1棟に導入し、テスト運用を開始したことを発表した。

TATERU kitは、スマートフォンと連携するネット接続型のドアホン。外出中に来訪があった際、スマートフォン上でドアホンの映像を見ながら応答できる。来訪者の映像は保存しておけるほか、ドアホンの室内用モニターにもカメラが内蔵しており、外出先から室内の様子も確かめられる。

同社は今後、TATERU kitにIoT機器との連携機能を搭載する予定。照明やエアコン、部屋の鍵と組み合わせることで、TATERU kitの室内用モニターおよびスマートフォンから各製品を操作できるようになるという。

d4078-14-118723-3

室内用モニター

d4078-14-739764-4

IoT機器との連携イメージ

■IoT×スマートアパート 民泊でも活用可能!スマートアパートのテスト運用開始
http://www.e-inv.co.jp/cp/news/file/20151207.pdf(PDF)