KDDIと米Ossiaがワイヤレス給電システムを共同開発、10m先の複数デバイスを充電

By on 2015-12-22

KDDIと米Ossiaは22日、Ossia独自のワイヤレス給電技術「Cota (コータ)」を用いた給電システムを共同開発したことを発表した。2016年1月に米ラスベガスで開催される家電見本市「CES 2016」にて、開発した給電システムのデモンストレーションを実施する。

Cotaは、約10mの範囲内にある複数機器に対し、最大1Wで給電できる技術。伝送方式にはWi-FiやBluetoothと同じ2.4GHzの周波数帯を採用している。同技術を応用することで、送電側のチャージャーから、受電用レシーバーを実装したデバイスへワイヤレス給電することが可能。受電用レシーバーの実装は低コストだとしており、スマートフォンやウェアラブル端末など、様々なデバイスに導入できるという。

CES 2016のOssiaブースでは、実際にスマートフォンやIoTデバイスのワイヤレス給電を実施予定。スマートフォンアプリからデバイスごとの給電状況を確認したり、給電のオン・オフを制御する様子も体験できるとしている。

p_index_01

■米国Ossia社とのワイヤレス給電システムの共同開発およびCES2016での参考出展について | 2015年 | KDDI株式会社
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2015/12/22/1515.html