Pepperが日産販売店で勤務開始、人を自動追尾するアプリも搭載予定

By on 2015-12-18

日産自動車は17日、ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」を使った来店者対応を本格的に開始した。授乳ルームやキッズスペースを完備した女性にやさしい自動車販売店「レディー・ファーストショップ」の内100店舗にて順次導入している。

同社販売店に設置されるPepperには、よしもとロボット研究所と共同開発したアプリケーションを搭載。商品紹介したり、自動車に関する質問に答えてくれるアプリのほか、日産やクルマをモチーフにしたゲームも用意する。

さらに、Pepperが自律移動するアプリ「ブンブンPepper」も今後搭載予定。来店者の顔を認識すると自動追尾を開始する仕組みで、同社は同アプリを通じ、クルマの自動運転技術をわかりやすく体験してもらう狙いだという。

151217-02-01151020-01-02

■日産|日産自動車、販売店にて人型ロボット「Pepper」がお客さま対応を開始
http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2015/_STORY/151217-02-j.html

■関連記事
日産がPepper100台を販売店に導入、出迎えや商品説明に活用(2015/10/20)