NTT西日本と大和ハウス、IoTで暮らしを変えるアイデアコンテスト「House de Hack!」を開催

By on 2015-12-25

西日本電信電話と大和ハウス工業は24日、「House de Hack! -IoTで暮らしを変える、ビジネスアイデアコンテスト-」を共催することを発表した。開催日は2016年1月24日と2月7日を予定、応募締切は2016年1月15日まで。

同コンテストは、「日常生活での困りごとをICTや生活支援ロボットで解決する」をテーマに、住居や職場において実現性の高いアイデアを募集する。個人、グループ問わず、満18歳以上なら誰でも参加可能。一部の優秀なアイデアには賞金が贈られるとともに、両社による事業化が検討される。

最優秀賞には50万円、優秀賞には5万円が贈呈される予定。参加者の定員は100名程度を想定している。

151224a

■電気通信事業者と住宅メーカーの共催による日本初のアイデアコンテスト NTT西日本 × 大和ハウス工業の共催による「House de Hack! –IoTで暮らしを変える、ビジネスアイデアコンテスト–」の開催について|ニュースリリース|NTT西日本
https://www.ntt-west.co.jp/news/1512/151224a.html