不審な車や人をドローンで撮影する警備サービス、セコムが開始

By on 2015-12-11

nr_20151210-2

セコムは11日より、民間防犯用の自律型飛行監視ドローン「セコムドローン」のサービス提供を開始した。価格は、月額料金が5000円(税別、以下同)〜、ドローンポートなどの工事料金が80万円〜。主に会社や店舗向けに提供していく。

同サービスでは、契約先の会社や店舗に異常な侵入があった際、ドローンポートに配置したセコムドローンが自律飛行を開始。不審な車や人に上空から接近し、対象の近くを飛行しながら搭載カメラで画像を撮影する。撮影データはセコムのコントロールセンターに自動でワイヤレス送信され、センター側で車のナンバーや種類、人の顔や身なりを分析して迅速な追跡・確保に役立てるという。

セコムドローンの機体幅は570mm、重量は2.2kg。飛行速度は時速10kmで、対象の追跡時は3〜5mの高度を飛行する。

nr_20151210-1

■報道資料 2015年度版 – 12月10日 – セキュリティ(防犯・警備)のセコム
http://www.secom.co.jp/corporate/release/2015/nr_20151210.html