テスラ、自動運転機能を備える電気自動車「モデルS」を披露 – WORLD OF IOT

By on 2015-12-16

DSC_0082

12月16〜19日に東京ビッグサイトで開催されている「WORLD OF IOT」では、テスラモーターズジャパンが電気自動車「モデルS」を展示している。

モデルSは、自動運転機能を備えるセダンタイプの電気自動車。カメラやセンサー、GPS機能を搭載し、主に高速道路にて方向指示器の操作による車線変更に対応する。なお、同機能は米国をはじめとする世界各国で利用できるとしており、日本では国土交通省の認可を待っている状態だという。

ブースにて実際に展示中のモデルSに試乗してみると、車載モニターとして設置されている大型の液晶タッチディスプレイが印象的だった。ディスプレイ上ではインターネットを通じ、ナビゲーションや音楽ストリーミングといったサービスを利用できる。

DSC_0093 DSC_0086DSC_0084 DSC_0096

■Model S | テスラモーターズジャパン
https://www.teslamotors.com/jp/models

■関連記事
米テスラ、車線変更や駐車を自動化する最新ソフトを発表(2015/10/16)