ルートを間違えるとスマホが振動、ビーコンを活用した出口案内アプリの実証実験

By on 2015-12-10

screen322x572

東京メトロは2015年12月10日〜2016年3月中旬の間、ビーコン技術を使ったAndroid/iOS用アプリ「おてがる出口案内アプリ」の実証実験を表参道駅と日本橋駅で実施する。実際に駅を利用する人にアプリを使ってもらい、利用状況を調査したうえで実用化を目指すという。

おてがる出口案内アプリは、駅のホームから目的地最寄の出口までのルートを案内してくれるアプリ。駅の周辺施設を目的地として設定すると、アプリ上に目的地最寄の改札と出口番号を表示。誤ったルートを進んだ際にはバイブレーションで通知されるため、スマートフォンを持たずに駅構内の案内表示を見ながら目的地を目指せる。

実証実験では、GPSの電波が届かない地下鉄駅でもスマートフォンを測位できるビーコン技術を活用。駅構内に設置した複数のビーコンとスマートフォンがBluetooth通信することで、ルートを外れた際の通知機能を実現している。

■2015年ニュースリリース|東京メトロ
http://www.tokyometro.jp/news/2015/785.html