人工知能ロボット「Musio」のヒノキ製モデルとミニチュア、伊勢丹新宿本店で展示

By on 2016-01-21

detail_1480_1452768448

アメリカと韓国に拠点を置くAKA LLC(以下、AKA)は、同社の人工知能ロボット「Musio」をヒノキ素材とした「ヒノキMusio」と、約3分の1サイズとしたおもちゃ「ミニチュアMusio」を伊勢丹新宿本店で展示している。期間は1月20日〜2月16日、展示場所は本館2階のグローバルクローゼットギャラリー。

Musioは、同社開発の人工知能「Muse」を搭載するコミュニケーションロボット。英語での会話を通じて学習し、発言のバリエーションを増やせる。Wi-Fi、Bluetooth、Zigbeeなどの通信機能に対応しており、話しかけるだけで照明を点灯するといったことも可能。

一般発売は6月の予定で、発売前に多くの人に認知してもらうべく、今回の2品を製作した。ヒノキMusioは、日本における事業展開を意識し、日本らしい素材を使用した人工知能ロボット。一方、ミニチュアMusioは、内蔵ボタンを押すと自己紹介する小型のおもちゃとなっている。

今回の展示は、クラウドファンディング中のプロジェクトを紹介するイベント「ISETAN×Makuake クラウドファンディングPROGRAM」の一環として実施。あわせて、クラウドファンディングサイト「Makuake」では、ヒノキMusioやミニチュアMusioを入手できるプロジェクトも開始している。

d17199-2-154373-1

■“人工知能ロボットMusio、伊勢丹新宿本店に日本初展示”|AKA LLCのプレスリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000017199.html

■~英会話学習ロボットMusio~ロボットと新しい友達になれる世界がここに! コミュニケーション | クラウドファンディング – Makuake(マクアケ)
https://www.makuake.com/project/themusio/communication/

■関連記事
人工知能コミュニケーションロボット「Musio」日本上陸、英語教育での活用へ(2015/11/19)