CES 2016で発表されたスマートウォッチまとめ

By on 2016-01-15

1月6日〜9日に米ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「CES 2016」では、スマートウォッチ製品が複数社から発表された。今回は、CES 2016にて発表されたスマートウォッチをまとめて紹介する。

 

カシオ計算機 「WSD-F10」

Theme_jp

5気圧防水性能を備えるAndroid Wear搭載のスマートウォッチ。Android/iOS向けの専用アプリとBluetooth連携し、内蔵する圧力/方位/加速度センサーで計測した情報をアプリ上に表示する。本体ディスプレイは、カラーとモノクロの2つの表示方式に対応。バッテリー寿命は、カラーでの通常利用時で約1日以上、モノクロでの時刻表示のみで約1カ月以上となっている。

価格:7万円(税別)
発売時期:3月下旬

■アウトドアシーンに最適なリストデバイス Smart Outdoor Watch – 2016年 – ニュースリリース – CASIO
http://www.casio.co.jp/release/2016/0106_WSD-F10/

■関連記事
Android Wear搭載のアウトドア用スマートウォッチ「WSD-F10」、カシオが3月下旬発売(2016/01/06)

 

Fitbit 「Fitbit Blaze」

2015-12-28_CoverPhotos_Google_2120x1192

同社初のタッチディスプレイ搭載モデル。“Smart Fitness Watch”として発表されており、活動量計測はもちろん、時刻表示や文字盤のデザイン変更にも対応する。

価格:199.95ドル
発売時期:3月(米国)

■Fitbit Blaze
http://www.fitbit.com/jp/blaze

■Fitbit, Inc. – Fitbit Reveals Fitbit Blaze – The Smart Fitness Watch That Empowers Consumers to Get Fit in Style
https://investor.fitbit.com/press/press-releases/press-release-details/2016/Fitbit-Reveals-Fitbit-Blaze–The-Smart-Fitness-Watch-That-Empowers-Consumers-to-Get-Fit-in-Style/default.aspx

 

Razer 「Nabu Watch」

razer-nabu-watch

時刻表示や活動量計測、連携したスマートフォンへの着信通知が可能。時刻をデジタル表示する時計部分はボタン電池1個で1年動作し、活動量データや着信を表示するサブディスプレイは充電式バッテリーで1週間稼働する。

価格:149.99ドル
発売時期:1月下旬

■Not a Smartwatch but a Watch That’s Smart: Razer Announces Feature-Packed Digital Watch with Smart Functions | Razer™ | For Gamers. By Gamers.™
http://www.razerzone.com/press/detail/press-releases/not-a-smartwatch-but-a-watch-thats-smart-razer-announces-feature-packed-digital-watch-with-smart-functions

 

New Balance ランナー向けスマートウォッチ

new

New Balanceは、CES 2016において、社内に「デジタルスポーツ部門」を新設し、第1弾製品としてスマートウォッチを開発すると発表した。名称やデザインなどは明らかにされていないが、GPSによる走行ルート計測や音楽再生機能を備えたランナー向け製品になるという。

価格:未定
発売時期:2016年末

■New Balance Press Box : NEW BALANCE LAUNCHES TECHNOLOGY DIVISION DEDICATED TO IMPROVING ATHLETE PERFORMANCE
http://newbalance.newsmarket.com/LATEST-NEWS/ALL/new-balance-launches-technology-division-dedicated-to-improving-athlete-performance/s/9C08A31D-5601-4C73-A584-A8DD476C2910

 

発表の中でも、腕時計分野で実績をもつカシオのスマートウォッチ参入は大きな出来事だったといえる。製品自体も単に高機能化するのではなく、高耐久や低消費電力といった時計としての使用感を重視するものだった。腕時計のカシオ、ゲーム機器のRazer、活動量計のFitbit、運動靴のNew Balanceなど、さまざまな分野から参入が相次ぐことで、Appleやサムスンをはじめ、スマートフォンメーカーが主役となっているスマートウォッチ市場の状況も変わっていくかもしれない。