ハウステンボスの「変なホテル」、ロボット掃除機「ルンバ980」を館内清掃に導入

By on 2016-01-20

d11622-67-839654-1

ハウステンボス内のスマートホテル「変なホテル」は19日、米iRobot製のロボット掃除機「ルンバ980」を、同日より館内清掃用に導入したことを発表した。

変なホテルは、2015年7月に長崎県のハウステンボスで開業したスマートホテル。フロントやコンシェルジュ、ポーターサービスにロボットを採用するなど、「変わり続けることを約束するホテル」のコンセプトのもと、先端技術を積極的に活用している。

ルンバ 980は、本体上部にカメラ、底面にフロアトラッキングセンサーを搭載した家庭用ロボット掃除機。フロア全体の間取りを正確に把握し、本体の位置情報を判断することで、家具の多い複雑な部屋でもすみずみまで自動清掃できる。

変なホテルは今回、ルンバ 980を6台導入し、館内A・B・C棟それぞれの1・2階に常時設置する。これまで変なホテルでは複数のロボットを採用しているが、一般家庭向けロボットの導入は今回が初めてだという。

d11622-67-673612-3

■ハウステンボス「変なホテル」が初の一般家庭向けロボットを採用 最先端のロボットが従業員として働いていることで話題の変なホテルが「ルンバ980」を公式ロボット掃除機として導入
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000067.000011622.html

■関連記事
ロボット掃除機「ルンバ」、スマホから操作できる最新モデルが登場(2015/09/30)