溜まり具合がわかるスマートゴミ箱、東海大で実証実験

By on 2016-01-22

20161_bigbelly

日本システムウエア(NSW)は21日、ゴミ収集の効率化を図れる屋外用スマートゴミ箱「BigBelly Solar」の実証実験を東海大学と共同で開始した。情報通信学部組込みソフトウェア工学科の撫中達司教授と協力し、同校高輪キャンパスにBigBelly Solarを設置する。

BigBelly Solarは、搭載ソーラーパネルによる太陽光エネルギーを動力とするスマートゴミ箱。中のゴミがどのくらい溜まっているかを内蔵センサーが計測し、3G回線経由で計測データをリアルタイムに発信する。担当者はゴミの蓄積状況を随時モニタリング可能となるため、効率的にゴミを回収できるほか、回収頻度をモニタリングすればゴミ箱の設置場所や設置数の最適化にも役立てられる。

同社では、検証結果を自治体や教育機関へ公表するとともに、今後もスマートシティの実現に向けIoT技術を活用した取り組みを推進するという。

■NSW、東海大学とスマートゴミ箱の実証実験を開始 | 日本システムウエア株式会社
http://www.nsw.co.jp/topics/news_detail.html?eid=386&year=

■関連記事
日本システムウエア、ゴミの蓄積状況を監視できるスマートゴミ箱「BigBelly Solar」(2015/05/21)