鍵なしで物件内覧、不動産管理向けのスマートロックサービスが試用開始

By on 2016-01-26

オートメーション_画像

リクルートテクノロジーズは26日、同社製スマートロック「オートメーションキー」を活用した不動産管理サービスの試験運用を開始したことを発表した。

今回の試験運用では、大東建託グループが管理する集合住宅1棟の空室玄関ドアにオートメーションキーを設置。物件内覧時、仲介会社担当者のもつスマートフォンから玄関ドアの鍵を開閉できるようになった。管理会社に鍵を取りに行く手間を省けたり、鍵の開閉情報を記録できるため、内覧業務の効率化とセキュリティ強化を図れるとしている。

オートメーションキーは、スマートフォンの専用アプリとBluetooth連携するスマートロック。ドアのサムターンに工事不要で取り付け可能で、単3乾電池4本で約2年間動作する。

■~リクルートテクノロジーズ、大東建託とIoT 技術で連携~カギを持たずに、物件内覧が可能に!「不動産管理専用」キーレスエントリーシステムを提供
http://recruit-tech.co.jp/news/images/20160126_PressRelease.pdf(PDF)