プロ操縦者によるドローン空撮サービス、テレインフォが保守点検向けに開始

By on 2016-01-21

テレインフォは18日、橋梁、プラント、建物などの施設や、自然環境・災害現場の状況をドローンで撮影するサービスを開始した。

同サービスでは、現場にドローンと操縦者を派遣し、撮影箇所を遠隔より指示しながら作業を実施する。ドローンの空撮映像および周囲の音声はリアルタイムに配信されるほか、高品質な4K映像で保存でき、作業後にはデータとして納品される仕組み。人による点検が難しい現場でも、安全かつ効率的に作業できる点を特徴としている。

同社が派遣する操縦者はドローンを活用した写真のプロであり、あらゆる現場で安定した撮影作業を行えるという。

d1353-5-545353-6

d1353-5-335189-0

■プレスリリース | ドローンを活用した施設保守点検サービスの開始
http://www.teleinfo.jp/release/20160119.html