ロボットの円滑な対話処理を複数の情報源で実現、TISと奈良先端大が研究

By on 2016-01-13

ITホールディングスグループのTISと、奈良先端科学技術大学院大学(以下、奈良先端大)は12日、「マルチモーダルインタラクションを用いた対話処理に関する研究」を2015年11月に開始したことを発表した。同研究では、複数の情報源を活用することで、ロボットの円滑な対話処理を実現する。2016年3月まで実施する予定。

マルチモーダルインタラクションとは、音声や画像、言語などの情報源を用いたコミュニケーション手法のこと。ロボットの高度な対話処理における重要な技術領域とされている。

TISと奈良先端大は今回、複数情報源をもとにしたユーザー理解や発話・ジェスチャー制御などを、ソフトバンクのパーソナルロボット「Pepper」を使って研究。ロボットの対話機能を高速化・高度化し、処理システムのビジネス活用を目指すとしている。

nara_kenkyu2

研究のイメージ

■2016年 | ニュース | TIS株式会社
http://www.tis.co.jp/news/2016/20160112_1.html