Wi-Fi Alliance、IoT製品に適した通信規格「Wi-Fi HaLow」を発表

By on 2016-01-06

Wi-Fiの普及を目指す業界団体「Wi-Fi Alliance」は米国時間4日、広範囲・省電力化を図った新たなWi-Fi通信規格「Wi-Fi HaLow」を発表した。

Wi-Fi HaLowは、現行のWi-Fi規格から約2倍の通信距離を実現した900MHz帯の通信規格。壁などの障壁を貫通する能力が高いほか、消費電力が低い点も特徴としている。ウェアラブル機器やコネクテッドカー、スマート家電といったIoT分野における活用が想定されている。

実用化は2018年以降となる予定。

■Wi-Fi Alliance® introduces low power, long range Wi-Fi HaLow™ | Wi-Fi Alliance
https://www.wi-fi.org/news-events/newsroom/wi-fi-alliance-introduces-low-power-long-range-wi-fi-halow