JALとNRI、羽田空港カウンターで接客ロボットの実証実験

By on 2016-02-08

2016-02-08_003

日本航空(JAL)と野村総研(NRI)は8日、ロボットを活用した顧客サービス向上の実証実験を羽田空港にて実施することを発表した。期間は2月9日から18日まで。

実証実験では、羽田空港第1旅客ターミナルビル南ウィングのJALインフォメーションカウンターおよび保安検査場Cの前に、仏アルデバランロボティクス社の人型ロボット「NAO」を設置。インフォメーションカウンターでは、併設したデジタルサイネージと連動して、ロボットが対話形式で空港施設の案内や航空機の運行状況などの情報提供を行う。また、保安検査場前では、空港スタッフがスマートウォッチから指示することで、ロボットが日本語、英語、中国語という多言語で締切時刻をアナウンスするという。

今回の実証実験を通じて、JALでは空港におけるロボット導入の課題抽出や意義検証などを行う。なお、本実験はNRIのサービス共同創出プログラム「NRI未来ガレージ」を活用したもので、NRIはシステム開発を担当している。

2016-02-08

■JAL×NRI、空港におけるお客さまへのサービス向上のため、サービスロボットを活用した実証実験を開始
http://press.jal.co.jp/ja/release/201602/003651.html