宮城県丸森町、ドローンを積極的に受け入れる「応援宣言」。飛行場やスクールに町所有の施設を提供へ

By on 2016-02-18

宮城県丸森町は18日、ドローンの活動を自治体として積極的に受け入れ、産業の発展を支援していく「ドローンイノベーション応援宣言」を発表した。地方自治体がドローンの積極的な受け入れを表明するのは、国内初だという。

丸森町では、第1号パートナー企業として高野建設と協定を締結し、町が所有する広場、体育館、森林を同社に提供。これらの土地を「丸森ドローンフィールド」(MDF)と名付け、同社がドローンの飛行場やスクール、イベントなどの運営に用いていく。

■丸森ドローンフィールド
http://www.marumori-drone-field.com/