水戸市の弘道館、特別史跡として初めてビーコンを導入。動画とテキストの詳しい解説をスマホにプッシュ通知

By on 2016-02-25

main
茨城県と水戸市は、旧水戸藩の藩校「弘道館」にビーコンを導入し、観光客への新たな案内サービスを開始した。特別史跡に指定されている施設でのビーコン導入は、国内初になるという。

今回開始された案内サービスでは、弘道館の7つの部屋にビーコンを設置。観光客がスマートフォンに水戸市の公式アプリ「水戸のこと」をインストールし、アプリ上でビーコン機能をオンにした状態でビーコンに近づくと通知が行われる。通知からは、動画やテキストで各部屋の詳しい解説を確認することができる。

同アプリは日本語に加えて、英語にも対応する。対応OSは、Android 4.0.3以降またはiOS 7.0以降。なお、ビーコン機能の利用推奨環境は、Android 4.3以降、iOS 7.1以降となっている。

sub2

■ビーコンを使って弘道館を楽しもう | 水戸市ホームページ
http://www.city.mito.lg.jp/000271/000273/000280/000322/image/p015989.html