Qrio Smart Lock、暗証番号による解錠・施錠に対応。アカウント登録不要で操作可能になり、専用キーパッドも販売

By on 2016-02-26

main

Qrioは25日、同社のスマートロック製品「Qrio Smart Lock」が暗証番号による解錠・施錠に対応したことを発表した。また、暗証番号の入力端末となる専用キーパッド「Qrio Keypad」も発表し、2016年3月より法人向けに提供する予定。

Qrio Smart Lockは、ドアのサムターン部分に装着し、スマートフォンで鍵の開閉ができるスマートロック製品。第3者に鍵の権限を送信してシェアできることが特長となっているが、従来、権限を受け取るにはスマートフォンアプリなどでアカウント登録を行う必要があった。今回発表されたQrio Keypadを使うと、アカウント登録不要で暗証番号による解錠・施錠が可能になる。また、キーパッドと同様の機能を持つスマートフォンアプリ「Keypad App」も提供される。

sub4

暗証番号は1時間、1日、1週間単位で自動変更されるように設定可能。不動産内見や民泊、小規模オフィスなどでの利用を想定しており、キーパッドとアプリは法人限定の提供となる。

なお同社は、Qrio Smart Lockがスマートウォッチによる解錠・施錠に対応したことも発表した。対応端末は、アップルのApple WatchとソニーのSmartWatch3で、その他のAndroid Wear製品も順次追加する予定。

smartwatch.001

■Qrio Smart Lockが暗証番号による解錠・施錠に対応 不動産内見、民泊などの鍵の操作がアカウント登録不要に
http://qrioinc.com/news/2016/635/
■Qrio Smart LockがApple WatchとAndroid Wearによる操作に対応。スマートフォンを取り出さなくても操作可能に
http://qrioinc.com/news/2016/653/