ビッグローブ、ウェアラブルデバイスも開発可能なIoT開発キット「BL-01」を提供開始。福島県会津若松市の実証実験に採用

By on 2016-03-03

160302-a-1

ビッグローブは2日、IoTゲートウェイ端末やウェアラブルデバイスを開発可能なIoT開発キット「BL-01」の提供を開始した。法人向けに販売され、価格は3万5000円(税別、モバイル回線別)。

BL-01は、GPSや加速度センサー、Bluetoothなどを搭載し、データ通信が可能な小型Android端末。1.6インチのタッチパネルを搭載し、小型Androidスマートフォンとして使えるほか、各種センサーを活用して、IoTゲートウェイ端末やウェアラブルデバイスを開発することが可能。OSにAndroid 4.4.2を採用しており、Androidアプリの開発環境があれば、自由にBL-01向けアプリを開発できるのが特長となる。

開発キットには、BL-01本体のほか、充電やPC接続が可能なクレードルが付属する。同社では、本開発キットを提供するとともに、開発のサポートも行い、企業によるIoTサービスの創出を支援していく。

なお、本開発キットは第1弾として、福島県会津若松市の「路面情報等のオープンデータ活用実証実験」に採用され、同市を走る道路パトロール車や民間バスなど10台にBL-01が設置される。走行中に道路の舗装状況を加速度センサーで検知し、GPS情報などをサーバーへ送信して、異常個所の可視化を行うという。

■BIGLOBEが Android(TM)搭載のIoT端末「BL-01」の開発キットを提供開始
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2016/03/160302-a