東芝、「変なホテル」に自立型水素エネルギー供給システムを納入。太陽と水だけで12室分の電気を供給可能

By on 2016-03-18

H2OnePhoto

東芝は、ハウステンボスの「変なホテル」に自立型水素エネルギー供給システム「H2One」を納入し、14日より運転を開始したことを発表した。変なホテルの第2期棟(ウエストアーム)にて使用される。

H2Oneは、東芝独自の水素EMS(エネルギーマネジメントシステム)により、再生可能エネルギーと水素で電力を安定的に供給できるCO2排出ゼロの自立型水素エネルギー供給システム。太陽光発電、蓄電池、水素製造装置、水素吸蔵合金タンク、純水素燃料電池により構成される。夏季に太陽光発電の余剰電力を利用し、水素を製造してタンクに貯蔵。冬季には、貯蔵した水素を利用し、純水素燃料電池で発電する。これにより、水と太陽光のみで年間を通じて、12室分の電力を供給できるという。

20160314H2Onesystem

なお、変なホテルは第2期棟の72室が加わり、15日にグランドオープンしている。

■「変なホテル」第2期棟の自立型水素エネルギー供給システム「H2OneTM」が運転を開始
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2016_03/pr_j1402.htm