鳴門海峡のうずしおクルーズがPepper導入。乗船券売場でうずしおの見所を多言語で案内

By on 2016-03-14

00

鳴門海峡で「うずしおクルーズ」を運営するジョイポート南淡路は、人型ロボット「Pepper」を3月19日より導入することを発表した。

同社では、ソフトバンクロボティクスが提供する「Pepper for Biz」を活用し、兵庫県南あわじ市の道の駅・福良にあるクルーズ乗船券売場にPepperを「うずしおロボット」として設置。日本語、英語、中国語の3カ国語で、“うずしお”のメカニズムや見所の説明、クルーズの乗船案内を行う。

近年増加する外国人旅行者への対応を強化するとともに、鳴門海峡の“うずしお”の世界遺産への登録推進をアピールするのがねらい。また、導入後は、多言語での質問に対する回答や、日々変化する“うずしお”の見頃時間の案内などを強化していく。

■~鳴門海峡のうずしおの世界遺産登録推進をロボットが応援~多言語対応を行う人型ロボットPepperの導入について
https://www.value-press.com/pressrelease/158672